車検とは|街のカーウンセラー|株式会社ブロードリーフ

ホーム > 車検の基礎知識 > 車検とは

車検とは

「車検」とは「自動車検査登録制度」を略したもので、「道路運送車両法」で車両の構造、装置などが、保安上の技術水準に適合しているかを一定期間ごとに検査することを義務付けている制度です。

車検の目的は以下の二つです。
  1. (1) 車両の構造・装置などが、検査によって安全に使用できるクルマであることを確認すること
  2. (2) クルマの所有権を公証するために行政上の登録をすること
わかりやすく言いますと、車検とは安全で公害の少ない交通社会を実現するために、法律によってクルマに一定の保安基準を定めて個々のクルマがそれに適合しているかを定期的に検査する制度です。

「街のカーウンセラー」は
こんなあなたにぴったりです!

  1. 1. 納得できる明快な見積りを提示してほしい方
  2. 2. お時間を有効に使いたい方
  3. 3. 点検・整備から車検まで任せられる整備士をお探しの方

検査対象となるクルマは、運輸支局または国土交通省の指定を受けている自動車整備工場(指定工場)による検査を受け、「有効な車検証」「検査標章の表示」「自賠責保険(共済)証明書」を備え付けることが要件になっています。これを満たすための手続きが「車検」です。検査には、新たにクルマを購入したときに受ける「新規検査」も含まれていますが、一般的に「車検」というと「継続検査」のことを指しています。
自家用乗用車(3,5,7ナンバー)と自家用軽自動車(50ナンバー)の車検証の有効期限は、初回3年、2回目以降は2年毎ですので、その都度車検を行なうことになります。

車検の流れと項目

車検は正確には「検査」そのものの事を指し、点検・整備とは異なります。ディーラーや車検専門業者などの整備工場に依頼した場合の車検は、検査だけではなく法定点検を実施し整備も行ってくれます。それが、自動車整備事業者によって金額や内容が異なる理由です。消耗品の交換や、エンジンやブレーキの調整などもしてくれるので、車検後に安心してクルマに乗ることができます。

車検を受ける方法

車検を受けられる場所について説明します。

■ディーラー車検
メーカーの看板を背負っていますので信頼性の高い点検・整備を含めた車検を受けられます。
■民間整備工場車検
民間整備工場といっても2種類あり、指定工場と認証工場があります。指定工場は、自社の工場に検査ラインの設備を持ち、国家資格を持った自動車検査員もいるため、点検・整備から検査まで車検のすべてを行うことができます。一方で認証工場は、検査ラインの設備をもっていないため、点検・整備したクルマを運輸支局に持ち込み、審査を受けて車検を通すことになります。
■車検専門フランチャイズ車検
車検を専門として取り扱っているフランチャイズ車検です。フランチャイズ化することで、均一なサービスと価格設定となっています。
■カー用品店車検
クルマのアクセサリーやオイル、タイヤなどさまざまな商品を取り扱ってパーツを細かく指定することができます。
■ガソリンスタンド車検
最も手軽に車検を受けることができ、スピーディーかつ安価。受付のみで代行業者や民間整備工場に依頼する場合と、自社工場で車検ができるところがあります。
■ユーザー車検
車検に必要な書類一式をすべて自分で準備して運輸支局の窓口へ提出後、検査ラインで検査を通すことを自分で行います。車検や整備に関するある程度の知識が必要です。
■車検代行車検
代行業者に車検(検査)のみを代行してもらうことになります。運輸支局にクルマを持っていき検査を受ける部分だけを請け負ってもらうことです。基本的に車検代行業者では、点検・整備は一切行えません。

カーウンセラーなら車検も整備も親切・丁寧にとことんサポート!

車検・整備のこと、なんでもご相談ください。

お近くのカーウンセラー店舗を探す